キダ・タローが亡くなった理由は老衰!?病気や持病の可能性はある?

キダ・タロー

2024年5月14日に「浪花のモーツァルト」として親しまれた作曲家でタレントのキダ・タローさんが

お亡くなりになりました。

亡くなった理由などについて調査しました!

キダ・タローが亡くなった理由は何?


出典:https://www.tomde.co.jp/

キダ・タローさんは2024年5月14日に亡くなりました。

享年93歳でした。

告別式については故人の遺志によって近親者のみで執り行われたとのことです。

キダ・タローさんは亡くなる前に家族に看取られて亡くなったと思われます。

キダ・タローさんは2022年6月16日のインタビューにて「健康の秘訣」について次のよう話されています。

「無理をしない」が信条で、酒は多くてもコップに2杯。たばこも「たしなむ程度」だ。日付が変わる頃には就寝し、10時間眠ることもある。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/

お酒やタバコを嗜み、それでいて運動嫌い。しかし、生きる活力はやはり「作曲」だと語ります。

 「曲を作る時だけは唯一、欲があるなあと思います。こんな僕が一生懸命になる時間です」。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/

作曲しながら適度にお酒やタバコを嗜む生活を送っていたことや年齢的なことを考えると、

病気ではなく老衰で亡くなったと考えるのが妥当ではないでしょうか。

キダ・タローに持病はあった?

2022年6月で当時92歳だったキダ・タローさんはこれまでに大病を患ったことはないそうです。

何か病気を患っていたことは無いと考えられるでしょう。

まとめ

・キダ・タローの死因は老衰?

・キダ・タローの健康の秘訣は「作曲」活動だった!

・キダ・タローはこれまで大病を患ったことはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP
error: Content is protected !!